お部屋別のおすすめ壁紙|宮城県仙台市

TEL050-5329-9907
受付:9:00~18:00 土日祝休

お部屋別のおすすめ壁紙

壁紙の張替えを行う際に、壁紙の色やデザイン、模様を選ぶのはもちろんですが、貼る場所の環境によって、機能性を重視した壁紙を選ぶこともポイントです。お部屋の使用目的に応じて壁紙の種類を使い分けることで、キレイを長持ちさせることができます。

リビングの壁紙

photo

家族で過ごしたりお客様を招いたりする、お家の中心的なお部屋であるリビング。リビングの壁紙はそのお家のイメージを決める大きな役割を持っています。

リビングは人の出入りが多い場所ですので、どうしても汚れてしまう場所。そのため防汚効果のある壁紙がおすすめです。吸湿効果や消臭効果などもあると、リビングがさらに快適な空間へと変わります。犬や猫がいるご家庭の場合は、表面強化の壁紙がオススメです。

家族みんながくつろぐ大切な場所。落ち着きがあり、インテリアに合わせた壁紙を選びましょう。明るくシンプルな壁紙でコーディネイトすると、開放感が高まってお部屋が広い印象に。落ち着いた雰囲気をつくるには、フローリングやソファーなど大きな家具との色みの調和を考えながら、少し色の入った壁紙を選びましょう。

キッチンの壁紙

photo

水回りかつ火を使う場所でもあるキッチンの壁紙。水や油はねなどの汚れがつきやすいキッチンには、防汚・防臭・防かび・表面強化タイプの壁紙がおすすめです。耐水性の高さや耐熱性が求められます。

毎日使う場所だから、お手入れしやすいことはとても重要です。表面に凸凹の無いツルツルしたタイプが、汚れを拭き取りやすくおすすめです。防汚・抗菌機能のついた、油汚れなどに強い壁紙を採用することで、お手入れがしやすくなります。長持ちさせるためには、キッチンの清掃と一緒にぜひ壁紙の清掃も行いましょう。

カラーは清潔感のある白や、お料理が映える暖色系がよく選ばれます。大きな冷蔵庫やキッチンの色合いに合わせることで統一感を出しましょう。柄物を選ぶ場合は、収納棚や冷蔵庫、システムキッチンのレイアウトなどを考えて選びましょう。

寝室の壁紙

photo

一日の疲れを癒す寝室には、お気に入りの壁紙を張って癒しの空間に。

人は寝ている間に、およそ500mlの水分が失われると言われています。寝室は意外と湿気や臭いが気になる場所です。防カビや吸放湿の機能性壁紙を選ぶことにより、快適な空間を維持することが出来ます。

寝室でゆったりくつろぐためには、真っ白な壁紙ではなく、やや色味のついた壁紙を合わせましょう。壁紙により、落ち着いた雰囲気を作ることで日々の緊張を和らげます。ベッドヘッド側の壁1面だけに濃い色や柄物の壁紙を張って、アクセントウォールにするのもおすすめ。照明やインテリアなどと合わせることで、自分好みの空間を作り出しましょう。

トイレの壁紙

photo

トイレは清潔に保っておきたいお部屋です。

常に水があるために、湿度も高めです。汚れが気になりお掃除する機会の多いトイレには、メンテナンスしやすい防臭・抗菌・防汚・表面強化タイプの機能性壁紙がオススメ。特に、表面をフィルムコートしている壁紙は表面強度が高く、清潔に保てるためによく選ばれています。掃除の際に汚れを拭き取りやすい、表面に凸凹の無いツルツルしたタイプがおすすめです。

青などの寒色系の壁紙でコーディネートすると、清潔感が演出できます。トイレは、広い空間ではないので、圧迫感を与えないような小さめのワンポイントの柄で個性を出してみるのもおすすめです。

洗面所の壁紙

photo

洗面所や脱衣所は、湿度が高くなりやすく汚れやすい場所で、壁紙にとっては厳しい環境です。

水がはねやすく汚れやすい洗面所には、清潔に保てメンテナンスしやすい機能性壁紙を。湿度に強く剥がれにくいこと、さらに防カビ性が高く汚れにくい壁紙が最適です。表面強度が高い防汚・抗菌加工で清潔に保ちましょう。表面に凸凹の無いツルツルしたタイプが、汚れを拭き取りやすくおすすめです。

他のお部屋よりも冒険しやすい洗面所は、思い切って壁の1面だけにアクセントとして個性的な壁紙を選ぶと、華やかな空間を演出できます。明るい色の壁紙を採用することで、洗面所に明るいイメージを持たせることが可能です。壁4面を同じ柄にするなら、ホワイト系や小さな柄などシンプルな壁紙を選ぶと落ち着いた雰囲気になります。

和室の壁紙

photo

伝統的な和室から、白を基調にしたモダンな和室など様々な和室が存在します。

現在の雰囲気と似た壁紙を選ぶ場合は、天井が板天井であれば木目調の濃い壁紙から選びましょう。砂壁・聚楽壁であれば石目調を、和紙系の壁紙であれば和紙・和風の織物風や和素材のパターンの入った壁紙から選ぶと、伝統的な雰囲気を壊しません。

和室を和モダン風にするのなら、和紙風の壁紙や土壁風・格子柄入りの壁紙などで変化をつけてみては。天井は伝統的な板目から、カジュアルなあじろ風などがおすすめです。

子供部屋の壁紙

photo

お子様は悪気なく壁を汚したり、落書きをしたりします。汚れや傷に強い表面強化の壁紙から選ぶと、お掃除やメンテナンスが簡単になります。

お子様は年齢を重ねるごとに個性が増していきます。お子様の成長に合わせて壁紙も選びましょう。好奇心旺盛な幼少期は明るく楽しい色柄を好みますので、お部屋の壁の1面だけや、天井だけに明るい柄をアクセントクロスとして選んでみてはいかがでしょうか。お子様と一緒にアクセントクロスを選ぶのもおすすめです。

廊下・玄関の壁紙

photo

おもてなしの場所である玄関は、イメージが良く見える壁紙を選びましょう。消臭機能のある壁紙がおすすめです。

廊下は、部屋と部屋を結ぶ動線なので、つながりを考えて調和のとれた壁紙を選びましょう。

階段の壁紙

photo

部屋と部屋を結ぶ動線の階段は、廊下や玄関と同様に統一のとれた壁紙を選びましょう。

階段の壁は傷つきやすい場所になります。ひっかきにも強い表面強化タイプの壁紙を使用して対策をしましょう。機能性壁紙を選ぶと日々のお手入れもしやすくなります。消臭効果もある壁紙を選んでさらに快適な空間に。

窓のない階段であれば、ホワイト系のクロスがおすすめです。明るめの壁紙を選ぶことで、暗くなりがちな階段を明るくしてくれます。天井を高く見せる効果のある縦ストライプを壁に選ぶと、開放感が生まれます。ベージュ系にすると柔らかな印象になり落ち着きが出ます。

お見積り・ご相談

050-5329-9907

受付:平日 9時から18時まで
土曜日・日曜日・祝日 休み

問い合せフォーム
メールは24時間365日受付中

↑ PAGE TOP